依存症リハビリ施設 チバマリア

支援体制 プログラム

特定非営利活動法人
チバマリア依存症リハビリ施設
代表 千葉マリア(十枝みつ)

チバマリア依存症リハビリ施設は依存症を有する女性のための回復施設です。薬物やアルコールなどの物質依存、摂食障害、嗜癖、ギャンブル依存などで苦しんでいる仲間たちのための治療プログラムが用意されています。日中活動を行うための施設と、居住支援施設があります。医療サポートも充実しています。就労や家族機能の調整も支援しています。
依存症とは長い付き合いです。楽しみながらでないと長続きはしません。回復プログラムは楽しいものです。決して苦しいものではありません。仲間は姉妹のように、そして大きな家族のように、他者を思いやり、手助けすることで、やがて自分を大切にしていきます。愛ある家族体験をすることで人間として大きく成長し、施設を卒業した後も当施設でつちかった基礎が役に立ちます。
ここ、チバマリア依存症リハビリ施設を故郷としていただき、ここから未来に羽ばたいていただけるように願っています。

チバマリア依存症リハビリ施設の支援体制

  • 障がい福祉サービス(生活訓練事業所)
  • 障がい福祉サービス(グループホーム)
  • 自立準備ホーム
  • 医療サポート
  • 司法サポート
  • 就労支援(ハーブ畑、石けん作り、販売 他)
  • 家族調整

チバマリア依存症リハビリ施設のプログラム

  • RDリカバリーダイナミクス
  • 条件反射制御法
  • 認知行動療法    
  • 12ステッププログラム
  • マリンプログラム(ジェットスキー・ボディーボード・海水浴)
  • 課外プログラム(BBQ・食事会・温泉など)
  • 自助グループ参加

入寮費 1日 6,000円

[内訳] 生活費:1,500円

家賃・水道光熱費・車両維持費・ケア費・プログラム費:4,500円

※医療費は別途請求です。

※生活保護受給者はその範囲内での利用(入寮)可能です。

※本人、福祉事業所と相談の上、不足分は当施設のボランティア負担とします。

毎月最終土曜日に行います

  • 時間:13:00〜16:45
  • 場所:東京都目黒区祐天寺2-6-6 上目黒住区センター
  • 相談窓口:加藤 TEL 03-3793-1101

入寮相談・各種相談

TEL 0470-28-5439(9:00〜17:00)

TEL 0470-29-5070(時間外)

FAX 0470-28-5438

新宿での相談

チバマリア依存症リハビリ施設

東京サテライト(新宿OFFICE)

日本ダルクインフォメーションセンタ―

TEL 03-3844-4777(篠原義裕)

最寄りの地域にも相談員がいます

  • 愛媛県 河上 TEL 080-8147-5537
  • 埼玉県 中村 TEL 080-7747-9604
  • 東京都 吉野 TEL 080-9583-1931

福祉・関係者の方々へ

何かの物質や行為への依存は、その依存自体が問題の根本ではなく、「病気」による症状の一つです。

やがては、その薬物やアルコールにより人生がどうにもならなくなり、命を落とすこともありえます。

当施設は様々な依存症を抱えた方の為の回復施設です。

当施設は都心部より90分のリゾート地にあります。

千葉県館山のゆったりとした時間の流れに身をまかせ、海や山の自然の環境の中で回復を目指していきます。

まずは依存の問題を解決します。

サルビア家族会では、家族に依存症者を持つ者としての同じ立場で話し合い、経験・勇気・希望を分かち合っています。

ワークショップやミーティングを通して問題解決を図ります。

家族としての問題を見つめて、問題を修復し、新しい基礎の上に健全な家族関係を築いていきます。

長年にわたる依存症者との付き合いの中で疲弊した心を癒す場所としてもサルビア家族会をご利用ください。

依存症とは長い付き合いです。楽しみながらでないと長続きはしません。

チバマリア依存症リハビリ施設で考えよう。どうしてこうなったのか?これからどうするのか? 館山ダルク代表:十枝晃太郎 チバマリア依存症リハビリ施設代表:千葉マリア チバマリア依存症リハビリ施設施設長:十枝真沙史

館山ダルク サーズ千葉 ダルク体験談 サーズ体験談 男性のための回復施設 DARC 館山ダルク 女性のための回復施設 S.A.R.S. サーズ千葉 お問い合わせ 千葉マリアブログ ホーム